事業内容

GX/DX推進

伴走型のDX企業変革支援サービス

「BizCon」とは5つの基本サービスをセットにして、中小・小規模企業のGX/DX化を推進するためにクラウド、ビックデータ、AIを活用したコンサルティングサービスです。
「売上拡大」「業務効率改善」「リスク回避」の3つの領域で企業経営の利益に貢献します。IT商材による生産性向上、人材募集、働き方改革、健康経営なども含め、幅広い分野でのご質問を承り解決方法をアドバイスいたします。

5つの基本サービス

①DXアドバイザーによる「伴走型支援」
②経営情報の可視化ツール「きづなPARK」
③IT機器の常時監視「アイコンカルテ」
④ご相談窓口「コミュニケーションセンター」
⑤お客様専用連絡サイト「ビズコンナビ」

3つの領域で利益貢献

DXアドバイザーによる「伴走型支援」

お客様が抱える様々な課題を共有させていただき、解決に向けてサポートさせていただきます。
担当アドバイザーが訪問やwebにて経営者の「困った」を解消するお手伝いします。

効果検証
ネットワーク/通信機器維持管理
第三者認証取得支援
ESGスコアアップ
課題の改善
BCP対策

定期訪問による人的支援

会社の経営だけでなく、社会情勢、AI、新技術への対応、少子高齢化、法改正への対応など、様々なことを考えなければいけませんが、現在は多種多様な情報が多く、経営者1人では対応しきれません。
ポメルスはDXの有資格者であるGDXアドバイザーが課題の顕在化、可視化経営などの支援をいたします。

経営改善を促進するPDCAサイクルを回しながら、効果測定の実施により経営者の新たな課題解決に意欲を高める伴走型支援を行います

経営情報の可視化ツール「きづなPARK」

BizConを活用して現在の経営情報を可視化し(3ケ年分の決算分析、パソコンやネットワーク環境状態、GX進捗、働き方分析等)、課題を分析、生産性の向上をご支援いたします。
ご支援をさせていただく過程で、必然的にデジタルを道具として利用しますので、デジタルに慣れた経営者と不慣れな経営者の情報格差、いわゆるデジタルデバイドも徐々に解消され、その結果ITリテラシーも高まります。

きづなPARKは中小企業の大切な経営情報を “つなぎ”、企業と企業を “つなぐ”次世代に継承され続けるような、さまざまなコンテンツが集う場所。
きづなPARKを利用することで、同業他社と比較した経営データの可視化・効果測定ができるようになり、企業の継続・拡大につながります。

アウトプットレポート一覧
統合データベース「きづなPARK」

IT機器の常時監視「アイコンカルテ」

アイコンカルテとは、社内のIT機器の見える化とIT機器の健康状態を24時間365日診断するサービスです。
「IT機器の一元管理」「オフィス環境図による見える化」「総合診断レポート」「PC個別診断詳細レポート」「セキュリティ診断レポート」を見える化することで、トラブル予防に役立ちます。

ご相談窓口「コミュニケーションセンター」

- カスタマーコミュニケーションセンター(CCC)-

コミュニケーションという名の通り、お客様と双方向での対話を行い、信頼関係を構築、増幅、継続することで、お客様の利益に貢献いたします。一般的なコールセンターは、メーカーや商品ごとに連絡先が分かれ、マニュアル以外の回答はできませんが、CCCはまず受け付けることからスタートし、各種資格をもったオペレーターが誠心誠意対応いたします。

運営:株式会社フォーバル

CCCスタッフは約100名体制。月間着信コール数は全体で約23,000件

CCCオペレーター取得資格

ドットコムマスター、WEBリテラシー、個人情報保護士、マイナンバー検定3級以上 他多数

お客様専用連絡サイト「ビズコンナビ」

BizConをご契約いただいたお客様に専用のポータルサイトをご用意します。
専用ID/PWで各種サービスの利用ができます。
また、お客様専用のフリーダイヤルも併せて用意しております。